会社の即戦力を見つけ出す

やめた理由には訳がある
その理由を見つけた上で採用する

会社を辞める理由には様々な理由がありますが、ほとんどに当てはまる理由は会社に合わなかったという理由です。この理由の原因は多々ありますが結局のところ、その会社でスキル、モラルのいずれか、もしくは両方がマッチしていないために成果が出ないことが原因だったのです。ではこのような転職者を雇っても良いのか。大丈夫です、良いのです。そのような人は適切な仕事を与えれば成果を出します。しかし、他の中途採用サイトではその適切かどうかの判断を行うことができます。しかし、Draft On Bookではレビューを通してその人を知ることができるため行うことができるのです。

Draft On Bookで再就職先を探している人のほとんどは、自分が本当に適している、必要としている会社からのドラフトを待っている人が殆どです。しかし、その人たちが待っている間に何もしていないのかというとそういう訳ではありません。レビューを書いてブランディングしています。そしてそのブランディングこそ企業とのマッチング材料となるのです。特にビジネス書のレビューを何件も投稿しているような人であれば、その人の思想や思考は見えてくるでしょう。即戦力になるような人材を採用したい人は是非ご活用ください。

自社とドラフトする人の
ベクトルの合った人を採用する

やはり新卒生に比べて中途採用者の方がスキルを持っています。そしてそのスキルはまだ成長段階で多種多様に変化していきます。しかし、もしその成長のベクトルに合っていない人を採用してしまったとすると、成果を出すことができず結局採用は失敗だったということになってしまいます。しかし、面接では営業などで鍛え上げた上部のスキルに騙されなかなかベクトルの合った人を見極めることができません。そこでDraft On Bookなのです。

もし年商数十億円の企業の役員を年商数千万円の企業の社長が自社の役員として中途採用したらその会社の年商は上がるだろうか。答えはNoです。何故ならおそらくその会社の社員はその中途採用者についていこうとしないからです。これは企業のスカラー量の違いから来ています。その判断も投稿されているレビューから判断することができます。ここでいうベクトルの合った人というのは、方向性、思考の規模、そして企業文化(モラル)の3つが合った人のことです。ベクトルの合った人を見つけ出し、即戦力としてドラフターを活用ください。

PAGE TOP