企業が学生をドラフトする時代

We Change Companies' Recruitment System.

Draft On Bookは学生と企業との仲介に立ち、学生と企業のマッチングを行います。学生にはビジネス書の書評、また音楽やゲームなどのサブカルチャーのレビューをアップしていただき、当サイトに掲載します。採用担当者様には、この書評やレビューを基に、自社の企業文化、風潮、スタイルなど「ビジネス感性」がマッチする人を、当サイトを通じてドラフトしていただきます。ドラフトしましたら、メール、お電話等でお問い合わせいただきます。学生側の了承を得た上で、御社、もしくは当社にて面接をしていただき、学生、企業の双方の相性を確かめていただきいただきます。そこで、お互いがマッチしたならば採用という形になります。

ここ近年、少子高齢化の影響で就職希望者の数は減少してきています。それに伴い、特に中小企業の方は採用が難しくなってきているのではないでしょうか?これは現在の採用形式では採用が難しくなってきているということです。このことから、採用を攻めの採用、見つけ出す採用に変えていかなければなりません。そのきっかけとして、登録費用一切なしの当サイトが踏み台となればと考えております。

当サイトではビジネス書のレビューを掲載していますが、学生で、ビジネス書を読んでいる、ましてやそのレビューを書ける人は日本中でほんの一握りです。それ故、質の高い学生が集まっているのです。そんなサイトは日本中を見ても当サイトだけです。学歴では判断できない、即戦力、大器晩成の学生をぜひドラフトしてください。

現在、自分の好きなことを仕事にすることは、極めて難しい時代となっています。この原因は、才能が認められないから、機会がなかったからというのが多数意見だと考えています。当サイトでは、その二つの原因が同時に解決されます。そして自分の好きなことを仕事にしている学生を採用することにより、離職率の低下、モチベーションの向上につながるのです。

Why Many Companies Join Draft on Book?

大企業から中小、零細企業まで、多くの企業の採用担当者様から採用の問題には苦労しているという声をお聞きします。実際に、大手金融企業の採用担当者様にある大きな問題を抱えている方がいました。その問題とは、就職希望者が5万人といる中で、書類選考の1次だけでも1万人程度に絞るのがやっとであり、さらにこういった選考ではどうしても学歴に目がいってしまいがちになってしまうそうです。そこで、当サイトでは、学生に書いてもらった、ビジネス書のレビュー等をご用意致しました。当サイトに掲載されているレビューを読んでいただき、一人でも多くの優秀な人材をDraftしていただければと考えております。

先日、電通の社員の女性が過労により自殺してしまった悲しい事件がありました。なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか?様々な要因がありますが、元を辿ると彼女が電通という企業に入ってしまったことが原因なのです。良し悪しに関係なく、彼女と電通の企業文化は大きく異なっていました。今後このような悲しい事件を起こすわけにはいきません。こういったことを防ぐためにも、学生側だけではなく企業側も、ただ高学歴だからということで採用を決めるのではなく、どういった人物であるのかを把握しておく必要があります。当サイトはソリューションを実現しているのです。

PAGE TOP